0120-350-205
mail form
tosomaka column

とそまかコラム

2022.04.20

外壁塗装=メイクアップ!?

「新築の感動を再び。おうちのエイジングケア」

こんにちは! 塗装のことならなんでもおまかせ「とそまか」です。

今回は、お客様よりお問い合わせいただいたご質問を紹介します。

 

 

Q.外壁塗装に洗浄は必要ですか? 重ね塗りするのも無駄に思えるけれど…

 

 

A.きれいな下地の上に丁寧に重ね塗りをするからこそ、外壁塗装に意味があります

 

 

 

外壁塗装はお家のメイク!

 

外壁塗装は工期がかかるため、ご不便をおかけすることがあります。

「工程を端折ることはできないの?」そんな疑問をいただくことがあるのですが、実はどれも重要な意味があるので、省くことはできません。

外壁塗装は、いわばお家メイクアップのようなもの。今回は、それぞれの工程について、スキンケアやメイクに例えながら解説します。

 

1.足場設置=準備

まずは、安全確保のために足場を設置し、周囲への飛散防止のためにネットで囲います。

 

2.高圧洗浄=クレンジング・洗顔

 

ほこりやコケや藻といった汚れを洗い流します。

しっかり汚れを落とし、キレイにしあげるためには、クレンジング・洗顔が重要ですよね!

 

3.下地補修=化粧水

 

ひび割れたシーリングの補修やひび割れの補修を行います。

化粧水で潤いを与えキメを整えるような作業です。

 

4.下塗り=保湿クリーム・下地

 

外壁に浸透して、面を均一にし、中塗り上塗りの糊のような役割を果たします。

下地づくりはメイク崩れにもつながるので、慎重に!

 

5.中塗り=コンシーラー・カラーコントロール

塗膜を厚くし、上塗りを補強するために上塗りと同じ色で塗ります。メーカーの仕様によっては、中塗りが不要なことも。

ファンデーションの色づきをよくし、気になる個所をカバーするコンシーラーなどと同じ役割です。

 

6.上塗り=ファンデーション

 

中塗りがしっかり乾燥してからの作業。塗膜の耐久性を高め、塗料本来の力を発揮します。

ファンデーションで健康的な若見え肌をつくるイメージですね。

 

7.付帯部の塗装=ポイントメイク

雨どいや破風板など外壁以外の箇所も塗装します。

アイメイクやチーク次第で印象が変わるように、付帯部分の色選びは、おうちのワンポイントになります。

 

適切な時期に最適なケアを

 

一口にスキンケア・メイクアップといっても、自分の肌のコンディションに合うものを選んでこそ真価を発揮するものです。

外壁塗装も同様に、素材や状態によって適切なものを選びケアすることが大事です。

 

いかがでしたか?外壁塗装をメイクに例えたら、より身近に感じていただけたでしょうか?

とそまかでは、お客様に寄り添ったご提案を心掛けています。

丁寧な見積もり診断から施工までを自社で一貫して行うため、気になることがあればいつでもお声かけください。

2022.03.30

ニオイが気になるなら、水性塗料はいかが?

「新築の感動を再び。おうちのエイジングケア」

こんにちは! 塗装のことならなんでもおまかせ「とそまか」です。

今回は、お客様よりお問い合わせいただいたご質問を紹介します。

 

Q外壁塗装や屋根塗装を考えていますが、喘息があるため塗料のニオイが気になります。

 

 

Aニオイが気になるなら、水性塗料がおすすめです!

 

水性塗料とは?

 

ニオイについてお話する前に、まずは、塗料そのもののお話をします。

塗料は、

・顔料

・合成樹脂(シリコンやフッ素など)

・添加物

といったもので構成されていますが、そのままでは使用できません。

希釈剤で溶かすことで、初めて塗布することができます。

 

希釈剤で薄めた塗料を塗って乾燥~蒸発させることにより、

顔料で色づき、さらに合成樹脂が壁などを保護する効果を発揮します。

 

この希釈剤に「水」を使うのが「水性塗料」です。

ちなみに、「シンナーなどの有機溶剤」を使用するのが「油性塗料」。

ニオイが気になるという方は、このシンナーなどの刺激臭を気になさるのではないでしょうか?

水性塗料は、ニオイもなく「VOC(揮発性有機化合物)」の排出が少ないことから、

人と環境に優しい塗料として知られています。

 

 

コスパ◎! 高性能な水性塗料

 

日本ペイント「パーフェクトシリーズ」は、とそまかで使用する水性塗料のひとつ。

 

塗膜を痛める原因となる「ラジカル」の発生を抑制し、高い対候性と美しいツヤが持続する優れモノです。

さらに、外壁材をしっかり保護しながらも、塗膜表面を水に馴染みやすくする独自の技術で、

雨水などの水滴と一緒にチリやホコリを洗い流してくれます。併せて防藻・防カビ機能も発揮します。

 

また、一般的に水性塗料はアルミやステンレス部分には密着しづらいと言われていますが、

こちらは金属系サイディングにもしっかり使えます。

外壁材を選ばないのも大きなポイントですね。

詳細はこちら>

 

適切なアドバイスができる業者を選ぼう

 

屋根・外壁塗装では、お客様のライフスタイルや素材の特徴を理解した上で、

どんな塗料を選ぶのが適切かしっかりとアドバイスをしてくれる業者を選びましょう。

 

とそまかでは、お客様に寄り添ったご提案を心掛けています。

丁寧な見積もり診断から施工までを自社で一貫して行うため、

気になることがあればいつでもお声かけください。

2022.03.28

子どもとペットへの塗装の影響が心配…

「新築の感動を再び。おうちのエイジングケア」

こんにちは! 塗装のことならなんでもおまかせ「とそまか」です。

今回は、お客様よりお問い合わせいただいたご質問を紹介します。

 

Q.我が家には、小さな子どもとペットがいます。塗装したいけど、影響が心配です。

 

A.天然由来の成分を含んだ自然塗料という選択肢があります。

 

 

 

自然塗料の定義

 

現在の塗料は、合成樹脂を原料とした塗料が主流。

さらに技術が進化し、高機能かつ高耐久の塗料が続々と登場しています。

一方で、シックハウス症候群といった化学物質に起因する健康被害も気になるところですね。

小さなお子様やペットがいる家庭ではより敏感になるのは当然のことです。

 

そんな方へオススメなのは、石油や合成顔料を含まず、天然素材を主原料とした「自然塗料」

日本では古くから柿渋などが使われてきました。

 

現在は、亜麻仁油、ひまわり油、大豆油といった植物油や天然鉱物由来の顔料を

使用した自然塗料が各メーカーよりラインナップされています。

 

 

とそまかイチオシ! 自然塗料3選

 

人や環境に優しく、安全性が高い自然塗料。とそまかがオススメする塗料をご紹介します。

 

1.U-OIL(ユーオイル)

原材料の安全性にこだわり「本物の国産自然塗料」がコンセプトの自然塗料。

体に良いと言われる亜麻仁油、天然鉱物由来の顔料などを使用しています。

ネックとなる「乾燥性」、「着色性」において、それぞれ高い施工性を実現しており、

極めてニオイが少ないのもポイントです。

詳細はこちら>https://u-oil.jp/product

 

2.オスモカラー

こちらは、有害な化学物質を一切含まず、食品と同レベルの高い安全性を誇る自然塗料。

植物油(ひまわり油、大豆油、あざみ油)と植物ワックスからできています。

ウレタン塗料のように塗膜をはるのではなく、

木の内部に深く浸透することで、「木の呼吸」を妨げない優れモノです。

木の心地よさを存分に引き出し、健やかな住空間を作り出します。

詳細はこちら>https://osmo-edel.jp/product/osmocolor/

 

3.リボス

「アレルギーに対応した”自然健康塗料”」をテーマに塗料を開発。

健康に害のある成分は、天然物でも使用していないので、

女性や小さなお子様も安心できます。

詳細はこちら>https://www.livos-jp.com/

 

 

メリットとデメリットを理解して選ぼう

 

自然塗料は、人や環境に優しいのが最大のメリットです。

しかし、メリットがあれば、当然デメリットも。

 

自然塗料は、化学塗料と比較すると対候性は低いため、定期的なメンテナスが必要です。

また、乾燥時間もかかるため、施工期間が長くなりがちです。

それぞれに違った特徴があるため、何を優先するかによって塗料を選ぶことをおすすめいたします。

 

とそまかでは、お客様に寄り添ったご提案を心掛けています。

丁寧な見積もり診断から施工までを自社で一貫して行うため、

気になることがあればいつでもお声かけください。

2022.03.23

おうちの健康診断は住まいのお医者さんにおまかせ!

「新築の感動を再び。おうちのエイジングケア」

こんにちは! 塗装のことならなんでもおまかせ「とそまか」です。

今回は、お客様よりお問い合わせいただいたご質問を紹介します。

 

Q.とそまかHPで見た「戸建住宅劣化診断士」ってどんな資格ですか?

 

A.住まいの健康状態を診察し、治療するお医者さんです!

 

 

戸建住宅劣化診断士とは?

 

戸建住宅劣化診断士とは、一般社団法人木造住宅塗装リフォーム協会が認定する資格です。

 

 

 

近年、中古住宅の流通や制度化が見込まれています。

ストック住宅を活用するには、適切なインスペクション(建物検査)や劣化診断が欠かせません。

今までは、診断をした上で、最適なリフォームを提案し、施工までカバーできる専門家が不在のため、

建築士や施工管理技士、窯業サイディング塗替診断士といった各分野のプロがこれらを担ってきました。

そこで制度化されたのが、「戸建住宅劣化診断士」です。

 

・既存戸建住宅の構造劣化

・耐震性

・省エネ性能

・屋根及び外壁の劣化

・防水性能

・内装の劣化

・設備劣化

・給排水劣化

 

などを診断した上で、どのような工法でどのように施工するかまでをアドバイスします。

 

 

気になる!その検査内容

 

戸建住宅劣化診断士として、おうちのどこを見ているかというと、

 

 

↑各部位には劣化基準がそれぞれ決まっており、それに基づきしっかり検査します。

 

目視や専用の検査キッドで調査した上で、何がどうしてダメなのか、どういった危険性があるのか診断し、どのような対策工事が必要か報告書をまとめます。

 

 

おうち健康診断の3つのメリット

 

1.住まいの状態が分かる

丁寧に診断していくので、住まいがどんな状態か?劣化箇所への対策が分かります。

大切な財産を守る意識も高まるのではないでしょうか。

 

2.塗り替え時期が分かる

いつどの程度のメンテナンスが必要か分かるので、資金計画を立てやすくなります。

子どもの進学時期や車の買い替えなど、ライフサイクルに応じてのメンテナンス計画が立てられます。

 

3.手遅れになる前に対処できる

劣化部分を放置した結果、中の構造体にまで影響があったら、外装の塗装だけではなく、余計な費用かかることも。

早めにメンテナンスをして、快適な住まいを維持することもできます。

 

おうち健康診断はプロにおまかせ!無料受付中

 

とそまかでは、「戸建住宅劣化診断士」による住まいの健康診断を無料で受付ております。

・新築、前回の外壁塗装から10年経過した

・外壁にひび割れがある

・色あせが気になる

など気になるところはございませんか?

とそまかお客様に寄り添ったご提案を心掛けています。

丁寧な見積もり診断から施工までを自社で一貫して行うため、

気になることがあればいつでもお声かけください。

お問合せ
お問合せ

まずはお気軽にお問い合わせください

0120-350-205
mail form
0120-350-205
mail form